【ストレス緩和とやる気を起こさせる香り】の使い方テンプレート

【千葉/埼玉/キャンドル通信講座】

アロマとボタニカルキャンドルの教室

キャンドルアーティスト ホシノカズです。

 

朝起きて、今日も一日頑張ろう!と、毎日元気に思うことが出来ていますか?

なかなかそうもいかないのが現実かと思うんですが、どうでしょう。

そこで、

「ストレス緩和とやる気を起こさせる香り」の使い方テンプレートをプレゼントさせていただきますね。

 

頑張ろうと思える人は、どういう人かというと・・・・・前夜にその日あった、嫌なこと、頭にくること・・など、ネガティヴな感情がリセットされています。

わたしはと言うと、くよくよ悩むよりも、どちらかというと頭に来ることの方が多いです。

誰かの心ない言葉を聞いたり、悔しい思いだったり、不条理なことが起きたりと人間ですから、いろいろあります。

 

今日の前は前夜があって、前夜の延長線が今朝です。

悩みを抱えて眠りに入れば、そのまま朝を迎える。

悩んでいる状態からスタートするわけです。

ですから、いきなり朝がスタートで大切なわけじゃなく前夜がとても大切なのです。

 

香りを使う前に予備知識として、お伝えすると

香りは0,2秒で、大脳、神経系、ホルモン系、免疫系まで伝わっていきます。

香り分子が伝わる順番は

鼻のつけ根あたりにある臭上皮





のど

気管


です。

一番初めに香り分子が届くところが臭上皮と言いましたが、この臭上皮には臭覚神経が集中しています。

ここから香りの情報が、大脳の中心部へ送られます。

中心部はにおいを嗅ぐ脳で、感情や記憶を司っていることから、香りが大きく感情に働きかけ、心が安定するのです。

また記憶に関しても、香りが大きく作用しています。

たとえばですが、

過去に友達と旅行にいったとします。その時泊まったホテルの部屋がラベンダーのいい香りだったとしますね。

数年たった今、ホテルの部屋と同じラベンダーの香りを嗅いだとしたら・・

友達との旅行の楽しい思い出や感情を呼び起こします。

あなたも、きっと、そういう経験があるのではないかと思います。

このように、香りと記憶は密接な関係なので有効に利用することができます。
自身のケアとモチベーションアップに是非、お役立てください。

 

悪用厳禁:「ストレス緩和とやる気を起こさせる香りの使い方のテンプレート」はこちら↓

ストレス緩和とやるき気

 

 

なりたて中間管理職のための女子社員のトリセツ

関連記事

  1. 【感情のバランスを整え心の安らぎ効果のアロマキャンドル】

  2. 【エッセンシャルオイルの有効的な使い方】

  3. 【アロマキャンドルレシピ】♡ モヤモヤ、暗い気持ちをスッキリ…

  4. 【プレッシャーを逃れて心を穏かにする効果のアロマキャンドル】…

  5. 【ヒステリーから解放、精神力を高める効果のアロマキャンドル】…

  6. 【神経の緊張とストレスを緩める効果のアロマキャンドル 】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。