※このページは、過去にキャンドルについて
質問されたことに対して回答した内容を
記事にしています。

 

Question

「ステアリンを入れたのにヒビや
筋が入るのはなぜですか?」

 

answer

まず、【ステアリン】について説明しますね。

ステアリンは、単体で使うことはなく
添加材として使います。

ステアリンの効果は、燃焼率アップ
型抜けをよくする、気泡除去、筋の
除去などです。
ワックスに対して10%添加します。

今回はステアリンを入れたのに、ヒビや
筋が入ったということなので、おかしい
ですよね。

この場合、部屋の温度、モールドの
温度を疑いましょう。

キャンドル作りは、季節にも左右されます。
モールドが冷たかったり、部屋の温度が
低いと、今回のようにキャンドルに筋が
入ります。

なので、住んでいる地域でも違いますね。

実際に、生徒さんで沖縄在住の人と
北海道在住の人のキャンドル作りでは
だいぶ出来上がりが違いました。

キャンドル作りに失敗したら、とにかく
一番初めに、温度を疑ってもいいくらい
温度管理が大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

型が冷たい時の対処方は、

①部屋の温度を25℃以上にする。
②型をヒ-トガンなどで温めてから流す。

ーーーーーーーーーーーーーーー

添加材は、他にマイクロワックス、
バイパ-ワックスなどがあげられます。

効果としては、ヒビの軽減、気泡除去、
香りの規定量を引き上げる、型抜けが
よくなる、燃焼率アップなどです。

 

 

 

「キャンドル過去質問集」

Q:ボタニカルキャンドルの花は燃えないんですか?

Q:ジェルキャンドルで気泡を出さない方法

Q:ステアリンを入れたのにヒビや筋が入るのはなぜですか?

Q:芯穴からワックスが漏れた時の対象法は?

Q:リモールドって何ですか?

Q:黒の顔料を入れたら火が5分で消えてしまいます。なぜ?

Q;ボタニカルキャンドルの花がよく見えない。どうして?

Q:パラフィンワックスの気泡を出さない方法

Q:キャンドルの透明度をあげるには

Q:アロマオイルはどれくらい迄入れられますか?

Q:キャンドルの光沢を出したいんですけど、どんな方法がありますか?

Q:キャンドルの片方だけ溶けて、形がいびつですけどどうして?

Q:ジェルワックスのハードとソフトの違いは?