Candle-Kieki

 

【Candle-Kiseki生まれた奇跡の
ストーリー】

 

 

15年前、私がまだキャンドルと出逢う前に
さかのぼります。

当時私は、営業職をしていました。
ある日私はいつものように
営業まわりを
していました

この日の私は、ストレスが溜まっていたのか
「なんか辛いな・・」と感じ、何もしたくない
気持ちになりました。

疲れたので、車を止めて、当時大好きだった
川嶋あいさんの曲
「旅立ちの日に」を聞きました。
なぜか、涙が出てきていたのを覚えています。

その時に奇跡が起きました。
私の前に、この世のものとは思えない、
見たこともない、
美しい玉が現れたのです。

その玉は、いくつもの青が折りなす青。
ゆっくりと回転しながら、光を放ちました。
キラキラと光ながら・・。まるで水が波をうって
その揺めきで光っているような、繊細で複雑で
やさしい光でした。

光を見たときから、気持ちが変化していきました。

さっきまで辛くて泣いていた私が
「なんて美しいのだろう。幸せ」という
感情に変わって
いたのです。

同じ涙でも、今度は幸せすぎて涙が
出てるという。

この経験から、人はやさしく、美しいものを
見ると、
幸せと感じるということがわかりました。

今でもあの玉の正体がなんだったのかは、
わかりません。

現実にはないので、幻覚かもしれません。
でも、見たことは確かで今でも鮮明に
覚えてますし
私を助けてくれたことも
確かです。

感謝しています。

私がキャンドルを作るようになって、
いつかあの時の
奇跡の玉が再現できたら
いいな・・と思って、今まできました。

ですが、遂にあの奇跡の玉により近い
キャンドルを作ることに
成功しました。
それが、Candle-Kisekiです。

美しい玉を見れば、幸せを感じられると
思って。
願いを込めて。
必要な人のもとに届くように。

 

kisekiのご購入はこちら